2019年 7月 16日 (火)

江角マキコ、長嶋一茂邸に「落書き」報道 事実なら女優・タレント活動に影響は必至

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

「彼女は被害者というよりも加害者」?

   真相はやぶの中だが、江角さんが7月30日にブログでイジメ被害を告白したときと、ずいぶんと構図が変わってきた感じもする。「子どもと一緒にいる時に無視をされたり、嫌味を言われたり、、、そんなときも必死で耐えました」とママ友からの一方的な被害を訴えていたが、その後「女性セブン」(8月21・28日号)に反江角派の母親らの抗議声明文が掲載された。

「彼女が仮に自分がいじめられていたと感じているとすれば、それは幼稚園の年長さんの3学期以降、彼女が数々の同級生へしてきたことがバレたため」
「いじめがあったとするならば、それはむしろ彼女自身がされていたことであり、彼女は被害者というよりも加害者ではないか」

などと厳しく批判されている。

   レギュラー出演番組「バイキング」(フジテレビ系)、「私の何がイケないの?」(TBS系)では、これまでイジメ騒動に関する釈明はなかった。毎日のように更新していたブログも8月27日の「公園でのんびりしています」と書いた記事で止まっており、江角さん側の反応が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中