2018年 7月 18日 (水)

大阪駅前騒然、少年写った写真が空から大量に 謎の事件は「撮り鉄同士」のトラブルだった

印刷

   JR大阪駅一帯が騒然となる出来事が2014年9月19日夜にあった。多くの人が行き交う駅近くで、とある少年の写真が大量にばら撒かれたのだ。

   空から降ってきた謎の写真に通行人は驚き、インターネット上で報告する人も相次いだ。

被害者も動揺「助けて、死にたい」「もう無理や」

「JR大阪駅でめっちゃ写真何百枚ってまかれてた!!」
「大阪駅にて 3枚の写真がお空から大量に降ってきたで お金かと思って近寄ったら写真だった」

   目撃情報などをまとめると、写真がばら撒かれたのは9月19日金曜日の21時ごろ。会社帰りのサラリーマンや商業施設「ルクア」の買い物客など多くの人が行き交う中、突然大量の写真が降ってきた。写真は3種類で、いずれも同じ短髪の少年が写っている。

   少年は電車の優先席に座っているが、手元の携帯電話か何かに集中しているのか、撮影されていることに気付いていないようだ。首からは大きなカメラをさげ、足元には大きなスポーツバッグを置いている。

   目撃者たちの報告により、インターネット上でも「すげーこわい 漫画みたいだ」「私怨じゃん これはひどい」などと注目を集めた。

   被害者本人も数時間以内に気が付いたようで、ツイッターに「俺の写真が大阪駅にばらまかれてる。 助けて、死にたい」「もう無理や」などと投稿した。被害者は列車を撮影するのが趣味の「撮り鉄」。ばら撒いた人物の意図は不明だったが、撮影中のトラブルが原因と見たようで、一時は「病んでます。もう撮り鉄やめるしかない」「さよなら電車、撮り鉄引退します」と複雑な心境を吐露していた。

撮影場所での割り込みにイライラ

   インターネット上では、被害者と同じく撮り鉄同士のトラブルとみる声に加え、優先席に大股で座って携帯をいじっていることや、隠し撮りされていると勘違いした犯人が隠し撮りし返して晒したなどと、さまざまな憶測が広がっていた。

   発生から3日後の22日になり、真相が明らかになった。大阪府曽根崎署の署員が現場近くにいた少年2人に事情を聞いたところ、ばらまいたことを認めたという。曽根崎署によると19日21時6分、駅ビル「ノースゲートビルディング」近くに路上に写真がばらまかれていると110番があり、署員が落ちていた写真を回収した。少年は16歳と17歳で、被害者と同じ「撮り鉄」だった。調べに対し、「(被害者は)ふだんから撮影場所に割り込みなどをして態度が悪かった。面白半分、いたずら半分でやった」などと話しているという。ばら撒いた写真は400枚だった。

   また、少年2人は近くの家電量販店で写真の印画紙600枚とUSB3点などを盗んだことも認めているという。

   犯人判明のニュースに対し、被害者はツイッターで「大阪駅の写真の身柄確保されたみたい」「よかった」などとコメントしている。(22日15時一部追記)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中