2018年 8月 18日 (土)

児童連れ去り昨年94件 半数近くが下校時間帯

印刷

   児童の連れ去りや誘拐の半数近くが下校時間帯に起きていることが警察庁のまとめで2014年9月25日、分かった。

   神戸市で小学1年の生田美玲ちゃん(6)の遺体が見つかった事件を受け、2013年にあった13歳未満の略取誘拐・人身売買事件94件を分析した。まとめによると、94件のうち発生時間が分かっているのは62件。そのうち約半数の29件が14時から18時の下校時間帯だった。発生場所で最も多かったのは道路上の28件で、共同住宅も25件と次いで多かった。

   男女別では女児が61人、男児が33人。年齢は0~5歳が32人で、6~12歳は62人だった。6~12歳の女児は47人と被害者の半数を占めていた。摘発した75件のうち31件は容疑者と被害児童に面識はなかった。一方で親族も30件、知人、友人も5件あった。

   13歳未満が被害に遭った略取・誘拐事件は、過去10年では141件だった2004年以降減少し、08年には63件まで減ったが、その後また増え始め、11年は83件、12年は95件だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中