武田薬品、「ミドリムシ」で健康補助食品事業に参入

印刷

   製薬最大手の武田薬品工業は、「ミドリムシ」を使った食品やバイオ燃料などを開発・研究しているバイオベンチャー企業の「ユーグレナ」と包括提携と結び、健康補助食品事業に参入した。2014年10月16日に発表した。武田薬品が食品事業を手がけるのは7年ぶり。高齢化の進展に伴い、健康分野の市場が拡大すると見込んでいる。

   武田薬品による健康補助食品の本格展開は初めて。第1弾として、ミドリムシや国産野菜の粉末をカプセルにした「緑の習慣」を同日発売した。

   ミドリムシは藻の一種で、光合成を行う植物と動き回る動物の両方の性質をもつのが特徴。野菜や魚、肉に含まれるビタミンやDHAなど59種類もの栄養素をもつ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中