2019年 10月 18日 (金)

ミシンのブラザー工業、最高益へ いまやスマホの工作機メーカーに大変身

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ブラザー工業の業績が大きく改善している。2014年11月4日に2015年3月期の業績予想を上方修正し、純利益は従来予想より20億円増の510億円と前期比2.7倍に拡大し、8年ぶりに過去最高を更新する見通しだ。

   けん引するのは工作機械部門。ミシンを祖業に100年以上の歴史を持つブラザー工業が、華麗なる変身をとげている。

草創期の兄弟を社名に

「堅実さ」で勝つ(画像はブラザー工業のホームページ)
「堅実さ」で勝つ(画像はブラザー工業のホームページ)

   ブラザー工業の創業は1908年、無類の機械好きだった安井兼吉氏が、「安井ミシン商会」としてミシン修理・販売業を名古屋の自宅で始めたことに遡る。その後、長男の正義氏ら息子たちが継承し、1925年に「安井ミシン兄弟商会」を設立した。その頃のミシンは米国の「シンガー」が世界を席巻し、日本国産はほとんどなかったという。そこで正義氏らは国産ミシンを製造しよう、との目標を掲げた。その後、社是ともなる「輸入産業を輸出産業にする」の精神だ。

   まずは取り扱いが多く構造を知り抜いた麦わら帽子製造用ミシンの開発、発売に漕ぎ着けた。これは昭和3年(1928年)に発売されたため「昭三式ミシン」と命名され、安井兄弟が協力した成果という意味を込めてブランド名を「ブラザー」とした。これが現社名の由来だ。これをステップに1932年には家庭用ミシンの量産化にも成功。ブラザーのミシンは徐々にシンガーのシェアを奪う躍進ぶりを見せた。

   この祖業の家庭用ミシンは、21世紀の今も世界で圧倒的なブランド力を誇るが、2014年3月期の連結売上高に占める割合は7%程度にとどまる。これには戦後の積極的で失敗を恐れない多角経営が影響している。

   戦後の成長の足がかりは欧米に輸出した家庭用ミシンだった。このミシンで得たブランドへの信頼を足がかりに、多角化を進め、洗濯機や扇風機といった家電市場に参入。オートバイや楽器なども手がけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中