岡村隆史への電話はいつも「勝新太郎です」 高倉健、実はおしゃべりで、お茶目だった

印刷

   俳優、高倉健さんが2014年11月10日に亡くなったことを受け、多くの著名人が追悼の意を表している。生前、交流のあった「ナインティナイン」岡村隆史さん(44)もその一人だ。

   2014年11月21日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)の中で、岡村さんは高倉さんの死後初めて思い出を語った。

初対面で「高倉さんみたいな俳優になりたいです」

   「高倉健さんが、お亡くなりになられました」――。番組冒頭、こう切り出した岡村さんは「なぜなのか、健さんは僕みたいなチンピラ芸人をすごく気にかけてくださっていました」と、40分間にもわたって健さんとのエピソードを振り返った。

   岡村さんが初めて高倉さんと会ったのは2000年の「第23回日本アカデミー賞」の授賞式だった。この時、高倉さんは「鉄道員(ぽっぽや)」で最優秀主演男優賞を受賞。岡村さんは「無問題(モウマンタイ)」で話題賞に輝いた。

   この日、岡村さんはそうそうたる役者陣に混ざっていることを「場違い」と感じていたという。そこで一か八かで「高倉さんみたいな俳優になりたいです」とコメントしたところ、周囲に失笑されてしまった。すると高倉さんだけが立ちあがり拍手してくれ、会場の雰囲気も明るくなった。岡村さんは「本当に助けていただいた」と思い返す。

   さらにこの時、高倉さんは「いつか一緒にお仕事しましょう。社交辞令でもなんでもないからね」と声をかけてくれたそうだ。事実、遺作となった12年公開の映画「あなたへ」には阪神タイガースファンの男の役として共演を果たしている。撮影後に「一生懸命やんなきゃだめだよ」と励ましながらかぶせてくれた高倉さんの帽子は今でも「宝物」として部屋に飾っているそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中