2019年 12月 5日 (木)

「日本観光ブーム」中国に続き韓国でも 「政府間は冷え込み続くが...」円安効果絶大

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本を訪れる外国人観光客が増加している。中国人観光客が目立つ一方、東日本大震災で一時減少した韓国からの旅行者数も回復してきた。

   日韓の政府間では、島根県・竹島を巡る問題や歴史認識の問題が横たわり、いまだに関係は冷え込んだまま。半面、民間レベルでは円安メリットを利用して日本での観光や買い物を楽しむ韓国人が増えてきたのも事実だ。

9月の訪日韓国人数は過去最高

秋葉原の免税店は、中国語を筆頭に外国語の表示が見られる
秋葉原の免税店は、中国語を筆頭に外国語の表示が見られる

   外国人旅行者向けの免税店が立ち並ぶ東京・秋葉原。電化製品を中心に買い求める人の姿があちこちで見られる。店には英語や中国語、ハングルの表示が並ぶが、買い物意欲が旺盛なのは中国人観光客だ。記者が訪れた11月半ばの週末、大型免税店「LAOX」前には観光バスが横づけされ、店内だけでなく入口付近も多くの客で賑わっていた。

   「派手」な中国人観光客にかすみがちだが、実は韓国人観光客の数も上昇傾向にある。日本政府観光局(JNTO)によると、9月の訪日韓国人数は21万7700人で、同月としては過去最高を記録したという。2014年1~9月までの昨年比の伸び率では中国やフィリピン、タイがずっと高いが、それでも総数では韓国が199万5800人と中国を抑えてトップを守っている。

   訪日外国人の増加の背景には円安が大きい。また10月1日からは菓子や医薬品、化粧品など免税対象品が拡大し、さらなる「呼び水」になっていると考えられる。韓国人にとっても、円安傾向のため旅行の際のメリットは大きい。ソウル在住の韓国人女性に取材すると、「多くの人にとって円安は、明らかに訪日意欲を高めています」と話す。女性の知人一家も、円安を利用して京都旅行を計画中だという。

   JNTO によると9月は韓国のお盆にあたり、今年は振替休日制度の導入で5連休となった人もいたという。この程度の休暇期間なら、距離的に近い日本が格好の海外旅行先となるそうだ。韓国人の場合、中国訪問の際はビザ取得が義務付けられているが、日本は短期間の滞在であればノービザというのも、行先として選ばれやすい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中