2019年 7月 21日 (日)

安倍首相の単独インタビュー、朝日新聞を徹底的に冷遇 スポーツ紙より後回し、産経グループはすでに3紙

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   安倍晋三首相が衆院解散表明直後からメディアへの露出を急速に増やしている。新聞、テレビの個別インタビューを相次いでこなし、通常であれば複数社が共同で行うスポーツ紙とのインタビューも個別に行うほどだ。特に東京スポーツとのインタビューではUFOの話にも笑顔で応じるなど、かなり「軟化路線」にシフトしているようにも見える。

   安倍首相が批判を繰り返している朝日新聞とのインタビューは2014年11月25日になってやっと実現したが、他の主要紙や通信社の「後回し」。結果として朝日は「東スポのUFO話」にすら「抜かれる」事態になっている。

英エコノミスト誌のインタビューも受ける

安倍首相は11月21日の会見の直後にスポーツ紙の取材を受けた
安倍首相は11月21日の会見の直後にスポーツ紙の取材を受けた

   安倍首相は2014年11月18日夜の会見で解散を表明し、21日の解散直後にも会見を開いて「アベノミクス解散」と命名。両日の会見の直後に、報道各社のインタビューを多くこなしている。

   11月18日夜には日経新聞、毎日新聞、日本テレビ、夕刊フジのインタビューに応じ、NHKとTBSの番組に出演。翌19日には産経新聞と読売新聞のインタビューを受けた。21日の会見後は、約1時間半でスポーツ報知、日刊スポーツ、東京スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、東京中日スポーツの7社のインタビューを立て続けに受けている。連休初日の11月22日にも、英エコノミスト誌、共同通信、時事通信のインタビューを受けた。

   13年7月の参院選では、安倍首相はスポーツ3紙の共同インタビューを受けている。それと比べると、今回はスポーツ紙がかなり厚遇されているとも言える。内容もやわらかいものが多く、安倍政権としては、幅広い層に自らに主張を伝える狙いがあるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中