「大雪で孤立」の徳島県西部 自衛隊が除雪作業

印刷

   大雪のため一部地区が孤立している徳島県西部で、陸上自衛隊は2014年12月7日、早朝から道路の除雪作業などを始めた。

   該当地区は、東みよし町とつるぎ町の一部で、合計で180世帯程度が孤立状態となっていた。また、7日には新たに、同県三好市の約520世帯も孤立状態に置かれていることが判明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中