日清食品が「スパ王」を回収 「ゴキブリの一部」混入の疑い

印刷

   日清食品冷凍は2014年12月10日、同社の冷凍パスタ商品に虫(ゴキブリの一部分と推定)が混入していたと発表した。

   消費者から「異物が混入していた」との指摘をうけ、静岡工場(静岡県焼津市)で10月21日に製造された「冷凍 日清スパ王プレミアム ブロッコリーの入った海老のトマトクリーム」を調査した結果、「ゴキブリの一部」と推定されるものが混入していたことが分かった。

   同社は具材の野菜から混入した可能性が高い判断し、この製造日以外でも「混入の可能性が否定できない」として10月に静岡工場の同商品生産ラインで作られた冷凍パスタ商品74万6000食分すべてを回収する。

   回収対象商品はいずれも静岡工場製の「冷凍 日清スパ王プレミアム ブロッコリーの入った海老のトマトクリーム」「冷凍 日清もちっと生パスタ 焼鮭とブロッコリーの濃厚クリームソース」「冷凍 日清もちっと生パスタ ベーコンとブロッコリーのカルボナーラ」で、賞味期限が2015年10月の日付となっているもの。

   商品を料金着払いの冷凍便で同社に発送した人に、商品代金相当分の金券「QUOカード」を送付する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中