セブンイレブン、燃料電池車用に水素ステーションを併設 来年から一部店舗で

印刷

   燃料電池車に水素燃料を提供しようと、セブン-イレブン・ジャパンは2014年12月10日、コンビニに水素ステーションを15年から併設すると発表した。

   それによると、愛知県刈谷市と東京都内に1店ずつ設置し、17年度には計20店ほど増やすとしている。事業は、岩谷産業と共同展開する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中