2018年 9月 19日 (水)

タカタのストッカー社長、取締役に降格 高田会長が社長を兼務

印刷

   タカタは、欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をめぐり「対応の一元化や意思決定の迅速化を図る」ことを理由に、ステファン・ストッカー社長を2014年12月24日付で取締役に降格し、高田重久会長が社長を兼務する人事を発表した。

   また、あわせてリコール対策費の計上で2015年3月期の連結最終損益が250億円の赤字(前期は111億円の黒字)に転落する見通しを受けて、高田氏が月額報酬の50%、ストッカー氏が30%、その他の3人の取締役が20%を、いずれも4か月間、返上する。

   ストッカー氏はスイス出身。独自動車部品大手ボッシュの日本法人の社長を経て、13年6月、創業家以外では初の社長に就任。創業家の高田氏と二人三脚で海外への事業拡大を進めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中