2018年 11月 18日 (日)

タカタのストッカー社長、取締役に降格 高田会長が社長を兼務

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タカタは、欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をめぐり「対応の一元化や意思決定の迅速化を図る」ことを理由に、ステファン・ストッカー社長を2014年12月24日付で取締役に降格し、高田重久会長が社長を兼務する人事を発表した。

   また、あわせてリコール対策費の計上で2015年3月期の連結最終損益が250億円の赤字(前期は111億円の黒字)に転落する見通しを受けて、高田氏が月額報酬の50%、ストッカー氏が30%、その他の3人の取締役が20%を、いずれも4か月間、返上する。

   ストッカー氏はスイス出身。独自動車部品大手ボッシュの日本法人の社長を経て、13年6月、創業家以外では初の社長に就任。創業家の高田氏と二人三脚で海外への事業拡大を進めていた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中