2019年 11月 14日 (木)

韓国人サラリーマン、90%が「精神疾患」 原因は職場のストレス、日本は大丈夫なのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国人のサラリーマンの90.18%が「火病(ファビョン)にかかったことがある」との調査結果がまとまった。

   「火病」は、怒りやストレスを溜めこむことで発症する、韓国人特有の精神疾患と言われている。悔しさや恨めしさがこみ上げたり自殺願望が高まったりするほか、パニック障害や食欲低下(拒食症)、不眠症、不安感やうつなどでひどく落ち込んだりする。日本でいう、うつ病や対人恐怖症に似た症状を引き起こすようだ。

かかった理由、「職場での人間関係にともなう葛藤」が最多

韓国で「火病」にかかったサラリーマンは9割にのぼる(画像は、イメージ)
韓国で「火病」にかかったサラリーマンは9割にのぼる(画像は、イメージ)

   韓国の就職ポータルサイト「Career キャリア」が、448人の韓国人サラリーマンを対象に実施したアンケート調査で、「職場生活のなかで火病にかかったことはあるか」という質問に、90.18%のサラリーマンが「ある」と回答した。

   中央日報日本語版が「韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む... その原因は?」の見出しで、2015年1月28日に報じた。火病(hwa‐byung)は鬱火病ともいわれ、米国精神医学会でも1995年から認めているという。

   アンケートによると、火病にかかった理由のうち、1位は「上司や同僚との人間関係にともなう葛藤」で63.80%を占めた。「業務の多さや成果に対するストレス」が24.89%と多く、「人事考課に対する不利益」(3.62%)や「早朝出勤や夜勤による睡眠不足」(3.17%)、「解雇やリストラに対する不安感」(2.71%)と続いた。

   また、「火病はどのような形態で現れるか」との問いには、34.68%が「慢性疲労を病んでいる」と回答。「躁鬱症」が19.02%、「脱毛」が12.30%を占めた。「呼吸困難」(6.26%)や「パニック障害」(4.25%)との回答もあった。

   この結果に、日本のインターネットユーザーからは、

「韓国は頑張った者が報われない、正直者がバカをみる社会ってこと」
「韓国人って無駄にプライド高くて、自分たちを客観的に見ることができなってことだよね」

といった声がある。

   火病の原因の一つには、辛み成分の「カプサイシン」の過剰摂取がある、とされている。この成分が舌や胃、さらには脳に損傷を与えるといわれ、うつやパニック障害などを引き起こすとされる。

   火病を抑えるには「カプサイシン」の摂取を控えることに加え、職場での悩みやストレスを解消することが大事になるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中