2019年 12月 16日 (月)

京大エースに、プロの厳しさ 二軍で1年かけて練習するしかない

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   京都大初のプロ野球選手ということで注目されるロッテの田中英祐投手の開幕一軍は夢と消えた。

   二軍で一からスタートを厳命され、プロの厳しさにさらされている。

  • 本拠地の一軍マウンドで躍動する姿は、しばらくおあずけ
    本拠地の一軍マウンドで躍動する姿は、しばらくおあずけ

「納得できた」と胸張ったが監督は「結果優先だ」

「学ぶところがまだある。まだ使えない」

   伊東監督の田中の評価は厳しかった。2015年3月18日のソフトバンク戦で、1回に1点取られた後、李に2点本塁打されて3点を失う内容を不合格とした。

   田中は11日に初めて投げ、2点を取られた。この日は、いわば追試みたいなものだった。そのチャンスをいかすことができなかった。

「この時期(開幕直前)だから、結果優先だ」

   伊東監督は、二軍で勉強してこい、と命じたのである。ところが、田中は2回以後、無失点に抑えた投球に胸を張った。

「速球はどの球も良かった。納得できた」

   この発言に、プロの厳しさが分かっていない新人の甘さがうかがえる。本番でいきなり3点も先行されたらチームは大きなハンデを背負うことになる。実績のない新人なら本塁打を浴びたところで交代だろう。

   田中は147キロの速球に手応えを感じたようである。しかし、どんな速い球を投げようとも、打たれ、点を与えては、どうしようもない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中