2018年 9月 22日 (土)

葛西臨海水族園のマグロ、大量死でついに残り1匹 いまだ原因特定できず

印刷

   東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)の大型水槽で飼育されていたクロマグロやハガツオが大量死した問題で、同園は2015年3月24日、新たにクロマグロ1匹が死んだと発表した。生存しているクロマグロは残り1匹となった。14年12月以降、水槽の回遊魚に原因不明の死が相次いでいる。

   3月24日付け読売新聞電子版、朝日新聞電子版などによると、死んだクロマグロを解剖した結果、背骨が折れていたという。同園では未だ大量死の原因を特定できていないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中