2018年 9月 22日 (土)

ニューギニア沖でM7.5の地震 日本への津波の影響はない模様

印刷

   太平洋のパプアニューギニア沖で2015年3月30日朝に、マグニチュード7.5の地震があったと、各マスコミが報じた。

   それによると、震源はニューブリテン島の南東約55キロで、震源の深さは約40キロ。パプアニューギニア沿岸で高さ1~3メートルの津波が起こる恐れがあるが、日本への津波の影響はないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中