「おにぎりから銀歯出てきた」とウソ報道させる 信用棄損で小学校教諭逮捕

印刷

   コンビニで購入したおにぎりに銀歯が入っていたとうその記事を書かせ、店の信用を傷つけたとして、宮崎県警は2015年3月29日、同県日向市在住の小学校教諭の男(45)を信用棄損の容疑で逮捕した。男は2月25日、毎日新聞の記者を自宅に呼んで、コンビニで購入したおにぎりから「銀歯が出てきた」なとどうその事実を伝えて記事を書かせ、店の信用を傷つけた疑いが持たれている。

   おにぎりに入っていたと男が主張していた銀歯は、実際は男が治療した歯に埋まっていたものだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中