北京で黄砂観測 大気汚染警報発令

印刷

   中国・北京市で2015年3月28日、北部から飛来したとみられる黄砂が市街を覆い、白くかすんだ状態となった。

   TBSなどの報道によるとこの日、微小粒子「PM10」の値は計測不能になり、市が大気汚染警報を発令して市民に注意を呼びかけたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中