2019年 11月 18日 (月)

「嵐」メンバー、実は不仲だった! 「元側近スタッフ」が出した本が話題

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   国民的アイドルグループ「嵐」がブレイクするまでの内情を書いた本が、女性誌「週刊女性」の編集部から出版された。ファンには興味深いエピソードが盛り込まれており、アマゾンでは早くも本のベストセラー1位になっている。

   この本「嵐 ブレイク前夜」(主婦と生活社刊)では、著者名が明らかにされておらず、「元『嵐』側近スタッフ一同」とだけ明かしている。活動初期の話が中心だが、人気グループの内情を書いた本が出るのは珍しい。

  • 今は仲がいい?
    今は仲がいい?

「松本潤と二宮和也は、ろくに口もきかない」

   200ページ余りにわたる様々なエピソードの中で、ネット上で最も話題になったのは、仲が良いとされている「嵐」の5人が不仲だったということだ。

   例えば、松本潤さん(31)と二宮和也さん(31)については、「結成から数年は仕事以外ではろくに口もきかないほどの不仲だった」とする。性格の不一致が大きな理由で、二宮さんから見て、松本さんは常にガツガツしていたように見え、松本さんも、裏方志向が強い二宮さんがゆるく見えるところが嫌だったという。

   また、桜井翔さん(33)は、センター的なポジションを占めて優越感が強く、相葉雅紀さん(32)と大野智さん(34)がイマイチなため嵐が盛り上がらないと不満を持っていたというのだ。

   ただ、5人は互いにかばい合うなどして、最終的には不仲を解消していったとしている。

   この本の中身がどこまで正しいのかははっきりしないが、ファンにとっては衝撃的な内容だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中