2018年 12月 10日 (月)

マキタスポーツ、「文学界」で小説連載スタート

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優やミュージシャンとしても活動しているお笑い芸人のマキタスポーツさん(45)が2015年5月7日、月刊文芸誌「文学界」(文芸春秋)で小説の連載を開始したことをブログで報告した。小説のタイトルは「雌伏三十年」。本名の槙田雄司で執筆している。

   マキタさんはブログに6月号表紙写真を添え、

「雌伏って難しい言葉ですね。『じっと世に出る機会を待つ』みたいな意味でしょうか。内容はそんな感じになると思います。でも、私小説を装ったフィクションです」

と紹介した。

   「文学界」といえば15年1月、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが初の純文学小説「火花」を発表し、話題になったばかりだ。「火花」を掲載した2月号は発売初日から各店で売り切れが相次ぎ、発行部数は史上最高となる4万部となった。

   マキタさんは「小説は今、又吉くんとかが話題だし、たまたま同じ文学界から出すので、なんかネタ被り感があるけど」と又吉さんを引き合いに出しつつ、「でも、要はどうして小説を書いたのかって動機が重要だと思ってる」と綴った。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中