2018年 10月 16日 (火)

マキタスポーツ、「文学界」で小説連載スタート

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   俳優やミュージシャンとしても活動しているお笑い芸人のマキタスポーツさん(45)が2015年5月7日、月刊文芸誌「文学界」(文芸春秋)で小説の連載を開始したことをブログで報告した。小説のタイトルは「雌伏三十年」。本名の槙田雄司で執筆している。

   マキタさんはブログに6月号表紙写真を添え、

「雌伏って難しい言葉ですね。『じっと世に出る機会を待つ』みたいな意味でしょうか。内容はそんな感じになると思います。でも、私小説を装ったフィクションです」

と紹介した。

   「文学界」といえば15年1月、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが初の純文学小説「火花」を発表し、話題になったばかりだ。「火花」を掲載した2月号は発売初日から各店で売り切れが相次ぎ、発行部数は史上最高となる4万部となった。

   マキタさんは「小説は今、又吉くんとかが話題だし、たまたま同じ文学界から出すので、なんかネタ被り感があるけど」と又吉さんを引き合いに出しつつ、「でも、要はどうして小説を書いたのかって動機が重要だと思ってる」と綴った。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...