2018年 10月 23日 (火)

「取材もしてないネットニュース」 不満ぶちまけるロンブー淳に取材申し込んでみたら・・・

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(41)が、

「ネットのニュース・・・取材なしでTwitterやテレビを見ただけの引用記事だらけの世の中・・・嘆かわしいですが・・・」

と不満げにツイッターでつぶやいている。具体的にどのニュースに対する意見なのかは明らかにしていない。

   「それはまぁしょうがないと割り切るが・・・」と言うが、淳さんがネット報道に批判的な意見を書くのは今回が初めてではない。

  • また「ネットのニュース」へ不満
    また「ネットのニュース」へ不満

ジェイキャストの取材申し込みは断られる

   淳さんの「ネットのニュース」への不満は、2015年5月11日に投稿された上記ツイート以外にもたびたびあった。

「Twitterでの呟きがそのままネットニュースになる事の違和感」(13年2月12日)
「取材もしてないネットニュースを鵜呑みする人多いよねw俺と一緒に情報リテラシーを鍛えよう!」(15年1月15日)

など、何度もネット報道に対する不満をあらわにしていた。

「Twitterの呟きをそのままネットのニュースにしてる皆様方へ・・・逆に取材させて頂けないでしょうか?その記者さんだったり配信してる会社だったり・・・取材を受けてもらえないだろうか?何故そーゆう記事が増えてるのか?コピペ記事で、原稿料は貰えるのか?という疑問が解消出来るはず」(13年2月12日)

と、報道各社を挑発するような投稿もあった。

   淳さんの投稿はフォロワーから「椅子に座ってネットしてるだけの取材。そんなのニュースじゃない!」と賛同を得ることもあり、淳さんは「大同感♪コピペニュース!」と喜んでいた。

   ただ、淳さんが目の敵にする「ネットのニュース」が何なのかはっきりしない。芸能人のツイッター投稿を、スポーツ紙や夕刊紙が紙面で記事に、テレビ番組がニュースに取り上げることはめずらしくない。一方でネットメディアが取材することもある。

   これまでの発言の真意や、ネット報道のあり方について淳さんはどう考えているのか。J-CASTニュースは淳さんが所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーにインタビュー取材を申し込んだが、スケジュールや内容などを理由に受けてもらうことはできなかった。

「君らにはニュース選択の自由がある!行使しろばかw」

   淳さんはニュースの読者へも不満があるようだ。2015年5月11日のツイートでは、

「ニュースを自らクリックして見に行ったくせに、そんなニュース興味ねーよと俺に言ってくる奴らへ・・・君らにはニュース選択の自由がある!行使しろばかw」

と書いた。こちらは共感が得られなかったのか、フォロワーからの反応は多くないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...