2019年 3月 21日 (木)

松嶋尚美、ひき肉の産地表示巡り「ようそんなん売るな」 スーパーの店員に「ブチ切れ」、炎上騒ぎ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   タレントの松嶋尚美さん(43)がスーパーにひき肉(ミンチ)を買いに行った際に、店員に言ったクレームの内容に批判が殺到している。

   肉の産地について聞くと、「特定できない」と言われたため、「ようそんなん売るな」と毒づいた、というもの。わざわざ店員が仕事をしているバックヤードに入っての行為だったこともあり、「クレーマーだな」「マジで不愉快だ」などと厳しい感想が上がっている。

  • ひき肉は産地特定が難しい?
    ひき肉は産地特定が難しい?

「スーパーの裏にいつも入って行って」クレーム

   松嶋さんが批判を浴びることになったのは2015年5月18日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)での発言だ。ハンバーグを作るためにひき肉を買おうとスーパーに行ったところ、産地表示に「日本」としか書いていなかった。松嶋さんは味付けが下手なため、いい素材を使ってそれをカバーしたいといつも思っているそうだ。ハンバーグの素材としては九州の黒豚や、黒毛和牛が欲しいと思っていた。

「ほんで、スーパーの裏にいつも入っていくの」

   ひき肉のパックを持ち、「産地教えてください」と店員に聞いたのだが、ひき肉は様々な産地、部位を使っていて、混合する場合もあり、特定できない、と言われたのだそうだ。納得いかなかったようで、

「軽く、『ようそんなん売るな』って一言いうねんけどな」

と言い放った。

   番組の出演者はこうした松嶋さんの発言に対し、バックヤードに入ってはダメだ、とか、産地を教えないのはスーパーのルールで決まっている、などといったツッコミが入った。ネットでも松嶋さんのこうした発言に不快感を覚える人が多くいて、

「スーパーで怒鳴ってるクレーマー見るとマジで不快だわ」
「高級なものを普通のスーパーに求めるなよ」
「自分でミンチに出来る機械売ってるんだから、黒毛和牛でも何でも買ってミンチにすりゃいいじゃん」

などという批判的な書き込みが大量に出た。

   もっとも、

「勝手に店の裏に行くのはよくないが、産地をはっきりさせない方も悪いだろう」

などと、スーパー側の対応を指摘する人もいて、肉の産地表示に関する疑問を持った人も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中