2019年 2月 16日 (土)

「カメラマン」は言葉狩りで抹殺される? 乙武氏「カメラパーソン」発言が大反響

印刷
ファンケル マイルドクレンジングオイル初回500円モニター購入

   著作家の乙武洋匡さん(39)がツイッターで、新聞社から取材依頼があり、写真は「カメラパーソン」が撮影すると言われた、と明かした。

   「『カメラマン』さえ、口にできない時代なのか」と呟いたため、ネットでは「言葉狩りだ!」「カメラマンでいいじゃないか」などと大騒ぎになった。

  • 「カメラパーソン」はあまり浸透していない?
    「カメラパーソン」はあまり浸透していない?

「もう『カメラマン』さえ、口にできない時代なのか」

   乙武さんは2015年7月1日に自身のツイッターで、

「とある新聞社からの取材依頼。『写真は弊社写真部のカメラパーソンが撮影させていただきます』――なんと、もう『カメラマン』さえ、口にできない時代なのか...。」

と呟いた。確かに、特にデジタルカメラの普及以降は女性のカメラ担当も増え、男女雇用機会均等法改正では雇用において男女差をつけることが全面的に禁止されたことから、「カメラマン」は男性を指すものであり、新たな呼び名が必要だ、という議論も起きていた。ビジネスマンをビジネスパーソン、セールスマンをセールスパーソンなどと呼ぶようになってきたため、乙武さんはとうとう「カメラマン」が「カメラパーソン」に変わったことを自ら体験し、ツイッターで報告したようだ。

   ただし、この「カメラパーソン」は聞きなれない言葉のためか、ネット上では首を傾げる人が多くいて、

「実際に『言葉狩られた』結果なのか」
「差別的な言葉や人が不快に思う言葉は止めるべきだと思うが、これはいったいダレトクなのか。というより意味がないこと」
「無理やりカタカナにしなくても。撮影担当、って言われた方が男女の区別差別ないしわかりやすい」
「私の夫もこれからは『カメラパーソン』!?わからんでもないけど、こだわりどころが違う気がする」

などといった批判的な書き込みがツイッターやネット上に現れることになった。

   カメラマンの名称に関しては募集広告でも変化が起きているようで、「カメラパーソン募集」のほか「フォトグラファー募集」「撮影スタッフ募集」などと書いているものもある。厚生労働省のHPにある「男女均等な採用選考ルール」によれば、一方の性に偏った従業員募集は違法であり、「ウエイター」「○○レディー」といった表現も認められない、としている。ではカメラマンはどうなのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中