2019年 4月 21日 (日)

給食袋からゴキブリ、そして飛んで行った 「巣を作っている可能性」専門家指摘

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   給食のパンが入っていた袋から、生きたゴキブリが飛び出した。給食時の和やかな雰囲気を一転させるような出来事だが、実際に愛知県の小学校で起こった。

   生きているか死んでいるかに関わらず、学校給食にゴキブリが混入する例は相次いでいる。食品衛生の専門家は、「給食を保管する施設にゴキブリが巣を作って住んでいる証拠」と語る。

  • ゴキブリの侵入経路は「調査中」
    ゴキブリの侵入経路は「調査中」

混入経路は調査中

   給食から生きたゴキブリが見つかったのは、愛知県尾張旭市の市立白鳳小学校。同市の学校給食センターによると14日、同校4年生の児童がクラス全員分のロールパンが入ったポリ袋を給食時に開けた際、1匹のゴキブリが飛び出してきた。現在のところ、健康被害は出ていない。ゴキブリはそのまま飛んで逃げてしまったため、大きさなどは確認できていないという。

   ロールパンを入れた袋は、搬入業者によって運ばれる段階から教室で開けられるまで密閉されていなかった。学校給食センターは、侵入経路について「現在調査中」と語っている。

   他校にも同じ製造業者の作ったパンが届けられたが、ゴキブリの混入は確認されていないという。

   実は同市の市立小では、2年前にも同様の混入事故が発生している。13年10月15日、市立瑞鳳小学校で給食のパンが入ったポリ袋に生きたゴキブリ1匹が混入しているのが発見された。今回の事例とほぼ同じ状況だ。給食センターによると、この件に関しても「侵入経路は未だ不明」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中