2020年 3月 31日 (火)

国立大授業で「安倍は辞めろ!」とデモ練習 大学側「看過できない」と准教授の授業停止

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   安保法案に反対するデモが各地で活発化する中、福岡教育大学(福岡県宗像市)の授業で40代の男性准教授が「安倍は辞めろ!」といったシュプレヒコールを学生に「練習」させたとして問題になっている。

   国立大学法人の教員が政治的な主張を学生に強いるともとれる行動には批判が多数寄せられ、大学側も「看過できない」と問題視。事実関係の調査が終わるまで教員に対して授業停止を命じたという。

  • 安保法制反対デモでは「戦争法案絶対反対!」「安倍は辞めろ!」といったシュプレヒコールが一般的だ(2015年7月15日撮影)
    安保法制反対デモでは「戦争法案絶対反対!」「安倍は辞めろ!」といったシュプレヒコールが一般的だ(2015年7月15日撮影)

准教授の「戦争法案絶対反対」の掛け声に続いて学生も声をあげる

   授業は2015年7月21日に行われ、授業を受けていた学生のツイッターへの投稿で問題が発覚した。ツイートには授業の様子を映した写真がついており、デモの様子が映ったスクリーンを前に准教授が何かを説明しているのが分かる。ツイートには、

「大学の講義で集団的自衛権反対のデモの様子紹介して、練習しようとか言い出して『戦争法案絶対反対』とか『安倍は辞めろ』とか練習させられてるんだけど」

と不快感がにじむ。別の学生のツイートによると、准教授の「戦争法案絶対反対」という掛け声に続いて、学生が「戦争法案絶対反対」と声をあげた。准教授は「安倍は辞めろ!」の次に「学長もやめろ!」とも叫んだところ、教室は大爆笑につつまれたという。

   安保法案に反対する学生からは、准教授の発言は「お笑いネタ」だったという指摘も出ており、「練習させられた」というツイートの表現が授業の雰囲気を正しく伝えているかは微妙だ。

   この授業に対する大学側の反応は比較的素早く、7月23日には学長名で対応方針を学内向けに発表した。発表では、授業内容がネット上に投稿されたとして、

「それを巡って、本学及び本学の教員や学生についての様々な意見が飛び交い、いわゆる炎上と呼ばれる事案が発生した」

と、大学側として「炎上」を認識していることを明らかにしている。授業翌日の7月22日には「問い合わせや苦情、対応を求める電話やメール」が15件ほど大学側に寄せられた。大学側が同日中に准教授に事実関係を確認したところ、「そういった事実はあった」などと答えたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中