村山元首相の反安保法制デモ参加 インドネシア記者は「理解不能」

印刷

   村山富市元首相(91)が2015年7月29日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、安倍政権が今国会で成立を目指す安保関連法案を改めて批判した。

   村山氏7月23日夕方に国会前で行われた反安保法制デモに参加し、自らマイクを持って演説したことが注目されたばかり。外国記者からは、かつてのリーダーがデモに参加することが「理解できない」という声も出たが、村山氏は「『国民の声を大事にして政治をやれ』ということを声を大にして叫ぶ必要がある」などとデモ参加の意義を強調していた。

  • 日本外国特派員協会で会見する村山富市元首相
    日本外国特派員協会で会見する村山富市元首相

「国のかつてのナンバーワンがやる必要があるのか」

   村山氏がマイクを握って演説したのは約20年ぶり。安保関連法案の衆院通過を「こんな暴挙を許してはならない!」と91歳とは思えない力強い声で批判したことが話題になった。

   ただ、この光景に違和感を持った記者もいた。インドネシア人の記者は会見で、

「国のかつてのナンバーワンがやる必要があるのか」

と、デモ参加が「理解できない」と質問した。質問に答えた村山氏は、

「『国会の中には任せられない』『国民の声を大きく反映して、主人公である国民が国を動かす必要がある』、そういう自覚を持って今の若い人たちは立ち上がっている、私はそういう風に見ている。だからこれは、日本を変える非常に大きな力になっていく」

とデモは自発的に起こったことを高く評価しながら、そのデモに自らが参加する意義を語った。

「『災い転じて福となす』ということで、これをもって日本が本当に民主主義の国になるんだ、国民が主体になって民主的な国になっていくんだ、というようなことになっていけば、非常にいいことだと思う。いい機会。この際、あと何年生きるか知らんけれども、生きる限りにおいてはね、『そういう国民の声を大事にして政治をやれ』ということを声を大にして叫ぶ必要があるのではないか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中