【J-CAST9周年ワンクリック投票企画】
日本の将来を問う...第2弾「安全保障」

印刷

   J-CASTニュースは2015年7月26日にオープン9周年を迎えました。そこで、「日本の将来」を読者の皆さんとともに考えるアンケート企画を実施中です。用意したのは10テーマ50問(順次配信)。ぜひ本文以下のアンケートにご参加ください。


不安定化する東アジアの安全保障環境 日本がとるべき道は...?

   東アジアの安全保障環境は不安定化が進むばかりだ。

   リーマン・ショック以降、アメリカのプレゼンスはめっきり低下。日韓関係は歴史、慰安婦問題で大きくこじれた。アメリカと同盟国をつなぐハブ・スポークス関係はこれまでにないほど脆弱性が高まった。

   中国の存在感は増す一方だ。南沙、西沙諸島では領土権を主張し、既成事実化を進める。北朝鮮の核開発問題は解決の糸口が見えず、地域の不安定化に拍車をかける。

   日本では集団的自衛権のあり方をめぐって議論が盛んだ。自衛隊は「地球の裏側」まで行って国際貢献するべきなのか。戦争に巻き込まれないよう平和憲法を守るべきなのか。直面する危機への対応策は見つかっていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中