2018年 11月 21日 (水)

三菱vsスバル、ランエボ最終モデル登場で23年の歴史に幕 自動車雑誌「スバルインプレッサと最終対決」を特集

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   三菱自動車のスポーツセダン「ランサーエボリューション」(ランエボ)が現行モデルの10代目(ランエボx)で生産終了になることが決まり、最終モデル「ファイナルエディション」がリリースされ、話題を呼んでいる。

   多くの自動車雑誌は、ライバルだったスバルインプレッサWRX-STIとの比較特集を組み、23年におよぶランエボとインプレッサの歴史を振り返っている。

  • 「ランエボ」の最終モデル「ファイナルエディション」(画像は三菱自動車の特設サイトより)
    「ランエボ」の最終モデル「ファイナルエディション」(画像は三菱自動車の特設サイトより)

ファンが注目したは筑波サーキットのタイム

   それは、ランエボとインプレッサが技術開発でしのぎを削り、世界ラリー選手権の頂点に立った歴史だ。そして日本車の優秀さを世界に知らしめた歴史でもあった。ランエボの撤退は三菱自動車の経営判断だが、日本の自動車史の一時代が終わったことを意味しており、惜しむファンは多い。

   自動車雑誌はランエボ・ファイナルエディションをインプレッサ(現在はスバルWRX)との「最終決戦」と位置づけている。

   『ドライバー』(八重洲出版)は2015年9月号で、「永遠のライバルついに決着 ランエボvsWRX最終章」という大特集を組んだ。『ベストカー』(講談社)8.26号は「最後の決戦 ランエボvsWRX-STI 真剣勝負 ファイナルエディション313PSの実力とは?」と見出しを掲げ、ランエボ最終モデルを徹底解剖した。『CARトップ』(交通タイムス社)7月号は「三菱ランエボvsスバルインプレッサ最終章 これがホントのホントに最後」と題し、筑波サーキットのタイムアタックの記録などを通し、ライバルの歴史を振り返っている。

   自動車雑誌はインプレッサとランエボが登場した1992年から、新しいモデルが出るたびに両車の比較テストを行ってきた。ファンが最も注目したのは筑波サーキットのタイムアタックだ。『CARトップ』は清水和夫氏、中谷明彦氏、「ドライバー」は木下隆之氏といった日本を代表するレーシングドライバーを起用し、歴代のランエボとインプレッサをテストした。

「驚きの復活劇」を期待

   ランエボとインプレッサの筑波タイムアタックは熾烈な競争だった。CARトップ誌の歴代ベストタイムはインプレッサWRX-STIスペックC(GDB)が1分4秒17、ランサー・エボリューションⅧMR RSが1分4秒40。これに対し、ドライバー誌はランエボⅧRSが1分3秒633で、インプレッサWRX-STIスペックC(GDB)の1分3秒920をわずかにリードしている。

   両車のタイムはほぼ互角だったが、2000年代前半がピークだったタイム争いの現場では、三菱自動車と富士重工業(スバル)のエンジニアはもちろんのこと、両車をテストする自動車雑誌やレーシングドライバーの間でも「競争」があったと、『ドライバー』9月号は「裏話」を伝えている。

「早朝に群馬(スバル)や岡崎(三菱)からアタック用のクルマが直送されることもあった。技術陣やメカニックと大量の交換パーツ付きで。これからレースの雰囲気だった」
「メーカーの人もタイムを測っていて、タイヤの空気圧調整やらのメンテナンスをした後、『もっとタイムは出ますか』『もうちょっと行けますよね!』と肩を押されることさえあった」

   「事前に筑波でテストしているので、どれだけのタイムが出るかメーカー側はわかっていた。それほど専門誌に載る筑波タイムの意味は大きかった」という。

   いずれにせよ、ランエボとインプレッサは「毎年のように進化を続けて世界最強スペックに到達した」(『CARトップ』7月号)。これについては「お互いにライバルが存在し、切磋琢磨したから世界の頂点に立つことができた」と、両社の開発陣も認めている。

   ライバルのインプレッサは「スバルWRX」となったが、問題はランエボ亡き後のスバルだろう。国内でライバルを失った最近のスバルは「BRZやWRXのベンチマークはポルシェ」と公言している。「でも、またいつかスバルと三菱の対決をどこかで見たい」というファンは多い。「ファイナルエディションの後に驚きの復活劇があると期待したい。三菱の経営が立ち直れば、あり得ない話ではない」(『ドライバー』9月号)との期待は、今なお根強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中