2020年 2月 25日 (火)

ビールもペットボトルの時代が到来? キリンが宅配用で採用

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   ビールの容器といえばビンか缶だが、ついにペットボトルに入ったビールがお目見えした。三菱樹脂の「ハイバリアPETボトル」がそれ。キリンビールの会員制宅配サービス「キリンブルワリーオーナーズクラブ」用のビール容器(容量1リットル)に採用された。

   三菱樹脂によると、「ハイバリアPETボトル」がビール大手のビール容器に採用されるのは初めてという。ビールもペットボトルの時代がやってくるのだろうか――。

  • ビールの容器に「ペットボトル」は広がるか? (写真は「キリンブルワリーオーナーズクラブ」から。左が「ペットボトル」の容器)
    ビールの容器に「ペットボトル」は広がるか? (写真は「キリンブルワリーオーナーズクラブ」から。左が「ペットボトル」の容器)

酸素やCO2、光の遮断性が高い

   清涼飲料の容器として広く利用されているペットボトルだが、これまでビールの容器として使われていなかったのは、二酸化炭素が逃げてビールの気が抜けてしまうことや、紫外線などの光に弱いためとされる。

   三菱樹脂は「ビール瓶が茶色なように、ビールにとって光は大敵です。一方、ペットボトルはリサイクルの観点もあって透明にできています。『ハイバリアPETボトル』は通常のペットボトルと比べて、酸素や二酸化炭素(CO2)、光の遮断性も向上しています。今回の商品では、さらに配送時に専用パッケージを使うことで光を遮断しています」と説明する。

   三菱樹脂の「ハイバリアPETボトル」は、キリンビールなどが特許を保有するダイヤモンドライクカーボン(DLC)膜のコーティング技術を用いたペットボトルで、一般的なペットボトルに比べて、酸素で約10倍、炭酸ガスで約7倍、水蒸気で約5倍のバリア(遮断)性をもっている。

   それによるビールの品質保持に加えて、ペットボトルは軽くて持ち運びやすいうえ、割れる心配がない。重さが軽い分だけトラックで輸送するときにかかる燃費も改善され、費用が抑えられる。さらにはリサイクルに利用しやすい、といったメリットも見込める。

   キリンビールも、鮮度を保ったまま家庭に届けられるうえ、「ビンは重くて、家庭用サーバーにビールを補充するには不便です。お客様の利便性を第一に考えると、ペットボトルが適しているということになりました」と話す。

   そんなニュースに、インターネットには、

「ビールはビンや缶のほうが気分はでるよね」
「えっ、ビールをペットボトルで飲むの!? なんだか、おいしいの???」
「ペットボトルのビール類がないのって、以前からずっと不思議だった。なんか目からウロコ」
「これってどうなんだろ? でも、ちょっと飲んでみたい」
「全部のビールがそうなっちゃうの!?」

と、期待と不安が入り混じった声が寄せられている。

   「ペットボトル」というと、どうしても清涼飲料の形状を思い浮かべてしまい、「プッシュッ」という缶ビールを開けたときの音や、冷えた水滴のイメージが伝わりにくいのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中