2018年 8月 15日 (水)

「模倣する」=「佐野る」ネットで言い換えブームに 「流行語大賞ノミネートか」の声も

印刷

   2020年東京五輪エンブレムをはじめとした佐野研二郎氏の手がけたデザインに相次いで「盗作」疑惑が持ちあがっている問題をうけ、SNSなどでは「模倣する」を「佐野る」と言い換えて遊ぶ人が続出している。

   ツイッターを見る限り、五輪エンブレムがベルギー・リエージュの劇場のロゴマークに似ているという指摘が上がり始めた2015年8月1日から確認でき、8月中旬ごろからは一部まとめサイトや掲示板サイトでも見出しに使われている。発祥となった場所は定かでない。

   毎年12月1日発表の「新語・流行語大賞」にノミネートされるのではないか、との声も一部出るなど、ネットでの知名度は広がりつつあるようだ。

   ちなみに佐野氏側は、サントリービールの景品バッグのデザインに関してのみ、「第三者のデザインをトレースしていた」と認めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中