2018年 7月 22日 (日)

米FRB、利上げ見送り 世界経済の減速懸念で

印刷

   米国の中央銀行、連邦準備制度理事会(FRB)は、金融政策を決める2015年9月17日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、実質的なゼロ金利政策の維持を決めた。中国をはじめとする世界経済の減速や乱高下する金融市場への懸念、米国で低迷するインフレを理由に、焦点となっていた「利上げ」を見送った。

   ゼロ金利の維持は投票権をもつ10人のうち9人が賛成、1人が反対した。イエレン議長は会合後の記者会見で、利上げに踏み切らなかった理由を「海外情勢の不透明さが強まり、物価上昇の見通しが少し下がった。もう少し待つのが適切と判断した」と語った。

   ただ、年内利上げの可能性は残した。利上げの時期について、イエレン議長は「大半の参加者は、今年後半が適切とみている」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中