空撮中のドローンが落下、炎上 前橋市の自転車レースで

印刷

   2015年9月27日7時15分ごろ、群馬県前橋市で行われた自転車レース「まえばし赤城山ヒルクライム大会」で、空から撮影していた小型無人機ドローンがスタート地点付近に落下、炎上した。大会参加者は約2800人で、けが人はいなかった。

   大会運営から委託を受けた業者が操縦していた。雨が原因で制御不能になったとみられる。落下後、スタッフが消火器を使って消火した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中