SEALDs奥田愛基さんに殺害予告 ツイッターで報告

印刷

   安全保障関連法案への反対運動をしてきた学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基(あき)さんが2015年9月28日、自身と家族に対する殺害予告が寄せられていることをツイッターで明らかにした。

   ツイートによると、自身が在籍する明治学院大学に殺害予告が送られてきたという。奥田さんは「なんか、僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか...」「何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます」などとつづった。被害届はすでに提出したとみられる。

   奥田さんは参院特別委員会が15日に開いた中央公聴会に公述人として出席し、「この議論の結論は出ています。今国会の成立は無理です。廃案にするしかありません」などと指摘した。19日の法案成立後も活動を続けており、25日には討論番組「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)にも出演した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中