2018年 9月 26日 (水)

京都の小学6年生「大麻も吸ったことがある」 先生びっくり、入手ルートはどうなっているのか?

印刷

   京都市の公立小学校に通う6年生の男子児童(12)が喫煙しているとし、教員が辞めるよう指導したところ、「大麻も吸ったことがある」などと語り、その証言に信憑性があったため京都府警は捜査に乗り出した。

   京都では2015年に入り、未成年による薬物事件が急増している。15年10月には男子高校生4人が大麻を所持していたとして逮捕された。高校生らは知人から譲り受けた大麻を無料通信アプリ「LINE」を使って売買していたが、小学生はどんなルートで手に入れたのだろうか。

  • 小学6年生の男子児童が「タバコだけでなく大麻も吸ったことがある」。薬物汚染はどこまで広がるのか?
    小学6年生の男子児童が「タバコだけでなく大麻も吸ったことがある」。薬物汚染はどこまで広がるのか?

小学校の「禁煙指導」でわかった

   京都市教育委員会によれば、この小学校は生徒の「禁煙指導」を強化していた。そうした中、ある6年生男子がタバコを吸っているという情報を得て、15年10月14日に問いただしたところ喫煙を認めた。この男子は、さらに「大麻も吸ったことがある」と話したという。男児は大麻の吸引方法やどんな経路で入手したのかを具体的に説明したため、小学校は信憑性が高いと判断し、保護者と連絡を取ったうえで教育委員会と京都府警に知らせた。教育委員会は、

「京都市内で小学生が大麻を吸ったなどという話はこれまで聞いたことが無い」

と話している。

   京都府警少年課に取材してみると、

「現在は捜査中であり、実際に小学生が大麻を吸っていたのかどうかも含め話すことはできない」

という事だった。そして男児の周辺からは大麻草や吸引器具などはまだ見つかっていないのだという。それでは男児の狂言だったのか、というと、そうではないらしく、何らかの具体的な背景があることを匂わせていた。

京都で少年の大麻、覚せい剤事件が急増中

   京都では未成年者の薬物事件が今年に入り急増していて、15年9月末現在で、未成年者による薬物事件の摘発・補導件数は11件あった。前年の同期は0件だというのだから驚きだ。府警によるとこの11件の内訳は大麻が5件、覚せい剤が6件だという。

   さらに15年10月には京都市内の山科、伏見の男子高校生2グループが摘発され、合計4人が大麻取締法違反容疑で逮捕されている。報道によれば4人以外の男子生徒11人の自宅を府警が調べたところ7か所から大麻の吸引器が見つかったという。大麻の入手は大麻を所持している知人(25)から男子高校生のうちの一人が譲り受け「LINE」を使って仲間に売っていた。また、「大阪市で密売人から買った」と証言した高校生もいたという。大麻の入手ルートは多岐に渡っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック