2018年 8月 20日 (月)

母親のホルモン異常が子どもの自閉症リスクを高める

印刷

   ホルモンバランスが乱れている母親から生まれた子どもは、自閉症になるリスクが非常に高いという研究結果を、スウェーデン・カロリンスカ研究所のキリアキ・コシドー博士らのチームがまとめて、2015年12月8日付の英医学誌「モレキュラー・サイカイアトリー」(電子版)に発表した。

   研究チームは、女性の多嚢(のう)胞性卵巣症群(PCOS)と呼ばれるホルモンバランス異常と子どもの自閉症との関連を調べるため、1984~2007年にスウェーデンで生まれたすべての子どもを対象に、自閉症の患者約2万4000人を特定した。そして、その母親にPCOSの症状があるかどうかを調べた。すると、母親がPCOSと診断されると、子どもの自閉症リスクが59%増えた。

   原因ははっきりしていないが、PCOSになると、卵巣で男性ホルモンのアンドロゲンが過剰に分泌される。このため、子どもが胎内にいたころから多量のアンドロゲンにさらされることが、自閉症発症の一因になると推測されるという。PCOSは女性の20~30人に1人がかかり、肥満になる人が多い。

   コシドー博士は「PCOSと肥満症の両方を抱える母親のグループでは、自閉症になるリスクがさらに高まりました」と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中