2018年 8月 17日 (金)

男ならミカンとブルーベリーに注目せよ 週3皿食べてEDとおさらば

印刷

   「みなぎる活力!」「ギンギンよみがえる!」。洋の東西を問わず、コレを食べると効くと言い伝えられる物は多いが、医学的に検証された研究は少ない。

   そんななか、ベリー類や柑橘類に含まれるフラボノイドが男性の機能回復に役立つという研究が、米の医学誌「AJCN」の2016年1月13日号に発表された。

  • ミカンにこんな嬉しい効果があったとは
    ミカンにこんな嬉しい効果があったとは

果物プラス運動でEDリスクは24%も減る

   論文を発表したのは、英イースト・アングリア大学のイーデン・キャシディー教授らのチーム。フラボノイドは果物や野菜に含まれている色素で、強い抗酸化作用を持ち、細胞の老化を進める活性酸素を除去する働きがある。

   研究チームは、1986年以降、定期的な健康調査に協力してきた約2万5000人の中高年男性を対象に、フラボノイドの摂取量と性生活の関連を調べた。調査は2000年、2004年、2008年と4年ごとに「セックスをするのに十分な勃起力があるか」「それを維持できているか」などを回答してもらい、フラボノイドの豊富な食品類の摂取量と比較した。

   その結果、フラボノイドを含む果物の総摂取量の多い人は、少ない人に比べEDのリスクが14%低かった。果物の摂取に加え、運動習慣のある人はEDリスクが21%も低くなった。また、フラボノイドの恩恵は70歳まで有効だった。

   個別のフラボノイドの「効能」を分析すると、特に3種類がEDの予防に最も大きい効果があることがわかった。「アントシアニン」「フラバノン」「フラボン」である。アントシアニンはブルーベリー、ブラックベリー、チェリー、赤ワインなどに含まれ、美肌効果や目にいいといわれてきた。フラバノンとフラボンはミカンなどの柑橘類に多く含まれ、育毛効果があるとされてきた。

フラボノイド多く摂取する健康な食生活がカギ

   キャシディー教授は「量でいえば週に2~3皿分、ミカンやブルーベリーなどフラボノイドの多い食品を食べるだけで、EDのリスクが10%減ります」と語っている。

   今回の研究では、なぜフラボノイドがEDに効くのか、因果関係までは明らかにしなかったが、ほかの専門家は「フラボノイドを多く摂取する健康な食生活が、体にいい効果をもたらしているのかもしれない」と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中