2020年 1月 30日 (木)

「気持ちいい」の連想で「営み!」と答える赤江珠緒アナ 「朝の顔」卒業で得意の「下ネタ」全開状態に

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   フリーアナウンサーの赤江珠緒さん(41)がテレビなどで下ネタを連発して、話題になっている。テレ朝系「モーニングバード」を卒業して、吹っ切れ(ブチ切れ?)たのだろうか。

   「『気持ちいい』という言葉で多くの人が思い浮かべるのは?」。2016年2月14日昼放送の日テレ系「サンバリュ」のクイズ企画に出演したときのことだ。

  • ラジオ番組サイトでも「下ネタ」を紹介
    ラジオ番組サイトでも「下ネタ」を紹介

顔を赤らめ「言葉選んだじゃないですか」

   赤江珠緒さんは、この質問を振られ、「ちょっと待って下さい」と考えたうえで次のように答えた。

「エッーと、エッーと、営み!」

   すると、出演者から驚きの声が上がり、「大丈夫すか?」「ヤバイでしょ」と次々にツッコミが入った。赤江さんは、顔を赤らめながらも「言葉選んだじゃないですか!」と反論し、「男性チームが連想したものがバーン!と来ちゃって」と説明した。

   実際、一般の男女200人に聞いた質問の答えで、「エッチ」が6位には入っていた。赤江さんがカップルの「営み」と答えたのは、キャスターならではの表現らしい。

   番組では、別の質問でも、下ネタっぽいギリギリのトークをしていた。「欲しい」の連想は、「子供」「金(きん)」だとし、「朝起きたらビックリ!」では、「ここどこ?」と答え、出演者から「私生活乱れてますよ!」とまた突っ込まれていた。

   ユニークなキャラも際立っており、「つい出ちゃうもの」に、「フケ!」と反応してあきれられ、平成ノブシコブシ吉村崇さん(35)は、「赤江さん! 今年大ブレークしますよ!」と太鼓判を押していた。

   こうしたやり取りは、ネット上でも話題になり、「たまちゃん...下ネタかい?」「赤江アナ面白いわ」「昼間に営みはいかんでしょ」とツッコミが入っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中