2019年 1月 20日 (日)

若者よ穏やかであれ、さもないと... 性格が悪いと将来思考力が低下

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   若い時に攻撃的だったり、他人を信用できなかったりする人は、中年になってから記憶力や思考力が鈍り、もの忘れの度合いが強くなってくることがわかった。ストレス対処能力の低い人も同様だという。

   米国立衛生研究所のレノーア・ローナー博士らが研究をまとめ、米神経学会誌「Neurology」(電子版)の2016年3月2日号に発表した。

攻撃的な人は認知機能の成績が16%悪くなる

   米国の健康保健データの中には「性格心理テスト」の記録が残っているものが少なくない。ローナー博士らは1955~1968年に生まれた男女3126人(調査開始時点の平均年齢25歳)を対象に、若い時の性格と50歳になった時点での認知機能テスト(記憶力、注意力、集中力)の成績を比較して調べた。若い時の性格は、「攻撃的な態度」「他者に対する信頼性」「ストレス対処能力」を、その度合いに応じて4段階に評価した。

   その結果、若い時にもっとも攻撃的で他人を信用しない性格だった人は、もっとも穏やかで他人を信じる性格だった人に比べ、認知機能の成績は16%低かった。ストレス対処能力の低い人は高い人に比べ30%低かった。この傾向は、うつ病や貧困などの要素を取り除いても同じだった。

   若い時の「性格の悪さ」がどうして中年期のもの忘れにつながってくるのか。ローナー博士は「若い頃の性格と後の記憶力、思考力との関係を示すことができましたが、その理由はわかりません。この調査は『観察研究』と呼ばれ、因果関係を明らかにするものではありませんから。ただ、若いときの敵対的な態度をやわらげさせ、ストレス対処能力を向上させるよう導けば、将来の認知機能の低下を防ぐ可能性はあります」とコメントしている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中