SCE、プレステ4用「仮想現実端末」を10月発売 価格は4万4980円

印刷

   ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2016年3月16日、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」用のゴーグル型仮想現実(VR)端末を、日本を含む世界各国で16年10月に発売すると発表した。国内での希望小売価格は4万4980円(税別)。

   各紙報道によると、ソニーは当初16年6月までの発売を予定していたが、発売時に用意する台数の確保やVRに対応するゲームソフトの数を充実させるため、発売を遅らせたという。

   競合製品としては、米フェイスブック傘下のベンチャー企業・オキュラスVRが近く発売を予定している「オキュラス・リフト」(599ドル)や、台湾の宏達国際電子(HTC)が16年3月1日から発売予約を受け付けている「バイブ」(799ドル)がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中