2018年 9月 24日 (月)

はやりの「水素水」の効果って何? 国民生活センターが消費者に注意喚起

印刷

   「水素水」をうたう商品が、ここ数年で増えている。そんな中で、国民生活センターが水素水生成器について消費者に注意を呼びかけて、ネット上で話題になっている。

   水素水については、大手の食品会社や家電メーカーもその名をうたった商品を出している。ネット上でも、タレントが水素水のことをブログやツイッターで取り上げることも多くなってきた。

  • 電気分解装置が付いた2業者の水素水生成器
    電気分解装置が付いた2業者の水素水生成器
  • 電気分解装置が付いた2業者の水素水生成器
    電気分解装置が付いた2業者の水素水生成器

「活性酸素の抑制機能」

   今回、国民生活センターが2016年3月10日付で注意喚起したのは、2業者が訪問販売などしている水素水生成器についてだ。

   これは、水道水を電気分解して水素を発生させる装置のことだ。販売に当たって飲用や料理用とした水素水について、自社テストの結果、活性酸素の1つヒドロキシラジカルを90%以上抑制できたなどと説明されていた。

   活性酸素とは、体内で発生すれば、生体防御などの機能もある一方で、老化のほか動脈硬化、心筋梗塞、ガンなどの原因に関わっているとも言われている。

   生成器の販売では、「人体への効果を示すものではない」との但し書きは付けられていた。しかし、全国各地の消費生活センターには、15年までの5年間で220件もの相談が寄せられており、うち「ガンが治る」と言われたなど販売方法についての苦情が157件も占めていた。つまり、説明書には書いていなくても、口頭でその効果について説明していたケースがあるわけだ。効果がないなどで契約の見直しや解約についての相談も130件あった。

   今回の2業者は、生成器を1台13~22万円で販売しており、計4万台近くが購入され、総額80億円強を売り上げていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中