2019年 1月 21日 (月)

早くやせるとリバウンドしやすい? 実はもっと怖いことが体で起こる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ダイエットをして体重が減っても、すぐにリバウンドしてしまうことはよくある。はたして短期間で早くやせるとリバウンドもしやすいのだろうか。

   じっくりやせるケースと比較すると意外な結果がわかった。リバウンドのしやすさは変わらないが、早くやせると筋肉の落ちる量が大きくなるのだ。

「早くやせる」と筋肉まで分解して燃焼してしまう

   オランダのマーストリヒト大学のチームが、国際肥満学誌「obesity」の2016年2月24日号に発表した。

   研究チームは、ダイエットにかける時間が、その後の体重再増加(リバウンド)に与える影響を調べるため、57人の参加者を次の2つのグループに分けて食事制限した。参加者は全員、肥満度を表わす体格指数(BMI)が28~35の肥満者ばかりだ。

   (1)低カロリー食(1日1250キロカロリー)を12週間続ける「ゆっくりやせる」グループ。

   (2)超低カロリー食(1日500キロカロリー)を5週間続ける「早くやせる」グループ。

   そして、それぞれダイエット期間の終了後、9か月間にわたって追跡調査し体重や体成分(脂肪や筋肉量など)の重さを測定した。その結果、「ゆっくりやせる」グループは平均で体重が8.2キロ減ったが、4.2キロ戻った(リバウンド率51.2%)。「早くやせる」グループは平均で9.0キロ減ったが、4.5キロ戻った(リバウンド率50.0%)。両者のリバウンドの割合はほとんど変わらなかった。

   ところが、ダイエット後の「徐脂肪体重」(脂肪をのぞいた筋肉などの体重)は、「早くやせる」グループが8.8%減ったのに、「ゆっくりやせる」グループは1.3%しか減らなかった。「早くやせる」と脂肪だけでなく、筋肉を分解して燃焼してしまうのである。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中