2018年 10月 23日 (火)

早くやせるとリバウンドしやすい? 実はもっと怖いことが体で起こる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ダイエットをして体重が減っても、すぐにリバウンドしてしまうことはよくある。はたして短期間で早くやせるとリバウンドもしやすいのだろうか。

   じっくりやせるケースと比較すると意外な結果がわかった。リバウンドのしやすさは変わらないが、早くやせると筋肉の落ちる量が大きくなるのだ。

「早くやせる」と筋肉まで分解して燃焼してしまう

   オランダのマーストリヒト大学のチームが、国際肥満学誌「obesity」の2016年2月24日号に発表した。

   研究チームは、ダイエットにかける時間が、その後の体重再増加(リバウンド)に与える影響を調べるため、57人の参加者を次の2つのグループに分けて食事制限した。参加者は全員、肥満度を表わす体格指数(BMI)が28~35の肥満者ばかりだ。

   (1)低カロリー食(1日1250キロカロリー)を12週間続ける「ゆっくりやせる」グループ。

   (2)超低カロリー食(1日500キロカロリー)を5週間続ける「早くやせる」グループ。

   そして、それぞれダイエット期間の終了後、9か月間にわたって追跡調査し体重や体成分(脂肪や筋肉量など)の重さを測定した。その結果、「ゆっくりやせる」グループは平均で体重が8.2キロ減ったが、4.2キロ戻った(リバウンド率51.2%)。「早くやせる」グループは平均で9.0キロ減ったが、4.5キロ戻った(リバウンド率50.0%)。両者のリバウンドの割合はほとんど変わらなかった。

   ところが、ダイエット後の「徐脂肪体重」(脂肪をのぞいた筋肉などの体重)は、「早くやせる」グループが8.8%減ったのに、「ゆっくりやせる」グループは1.3%しか減らなかった。「早くやせる」と脂肪だけでなく、筋肉を分解して燃焼してしまうのである。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...