2020年 1月 28日 (火)

「誘拐」後も研究態度「普通だった」 埼玉事件の容疑者「知人」が語った意外な素顔

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   埼玉県朝霞市の女子中学生が約2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐の疑いで身柄を確保された寺内樺風容疑者(23)は、千葉大学工学部でどのような学生生活を送っていたのか。

   寺内容疑者と2014年度の演習でともに研究したという千葉大の同窓生は、「あまりにも様子が普通過ぎました。(誘拐後の)半年間、顔を合わせてやり取りしていましたが、違和感を持ったことは1度もありません」と驚きを隠せない様子だった。

  • 寺内容疑者が16年2月から住んでいた東中野のアパート(16年3月28日撮影)
    寺内容疑者が16年2月から住んでいた東中野のアパート(16年3月28日撮影)

LINEのプロフィール画像は「飛行機の写真」だった

   16年3月下旬に卒業するまで、千葉大工学部の情報画像学科で、商品レビューなどのデータ解析を研究していた寺内容疑者。14年3月に女子生徒を誘拐してからも、所属していたゼミにも出席を続けるなど「ごく普通の学生生活」を送っていたようだ。

   そんな寺内容疑者の大学生活の一端を明かしたのは、「彼とは何度も会話したこともありますし、LINEの連絡先も知っていました」と語る同窓(級)生だ。寺内容疑者とは、14年度に半年間にわたって共同研究を続けていたという。

   16年3月29日のJ-CASTニュースの取材に答えた同窓生は、

「(寺内容疑者は)頭の回転が早く、真面目でしっかりとした性格でした。あまり雑談はしないタイプでしたが、私たちの班の中でも『まとめ役』といった存在で、集団をまとめるのが得意な印象を持ちました。半年間顔を合わせてやり取りしていましたが、本当に変わった様子はなく、違和感を持ったことは1度もありません」

と語る。演習時の様子にも不審な点はなく、居残り作業にも進んで参加していたという。プライベートでの関わりは少なかったが、演習期間中には寺内容疑者とLINEで連絡を取っていたといい、「プロフィール画像には、飛行機の写真を使っていました」とも明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中