大企業製造業の景況感、3月は2期ぶりに悪化 円高などの影響

印刷

   企業が景況感を「良い」とした割合から「悪い」とした割合を引いた業況判断指数が2016年3月は大企業製造業で2期ぶりに悪化したと、日銀が4月1日に全国企業短期経済観測調査の結果を発表した。

   それによると、大企業製造業の指数は、プラス6となり、前回の15年12月のプラス12から6ポイント悪化した。これは、13年6月のプラス4以来の低水準だ。円高のほか中国経済の低迷で、自動車などの製造業が影響を受けたのが大きいとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中