ホンダ「伝説のバイク」、人気過ぎて「強奪」被害も 狙われる「CBX400F」がスゴい事に

印刷

   本田技研工業が1981年から1984年にかけて製造・販売していたロードスポーツモデルのバイク「CBX400F」が、にわかに脚光を浴びている。... ...
[記事に戻る]

001
おレンジャー 2016/5/10 20:36

好きな人には、特に思い入れがあるんだろうな。
車でも、入れ込む人は凄いし。
おれにはとてもそんな金ないけど、気持ちは分かるよ。
昔乗ってたAE86どうなったかな…エンジンやられて渋々手放したけど
いやぁ、あの時は泣いたな。相棒を助けられなくて、不甲斐ない自分を恨んだ。
好きな人にとっては、マシンは相棒だよ。人によっては、ヨメより大事だったりして(笑)
その思い入れのあるマシンを盗まれたら、まさに発狂もんだ。
それで、盗まれた時の検挙率が11%くらい…?
おいおい、それはないだろー!もう少し何とかしてくれよー!

002
バイク 2016/5/10 21:14

腰が悪くて、とうとうバイクの免許は取れなかったけど、CBX400は憧れだった!その為に免許取りたかったんだけどね(苦笑)

003
てゆうか 2016/5/11 17:36

今のCB買った方がよくね?

004
kome 2016/5/11 19:13

今のバイクは魅力がなくなったということかな。

005
鉄馬 2016/5/11 20:32

せっかく今まで大切に乗られてきたのに、盗まれて分解されて売り飛ばされるって、切ないな
もしバイクに魂があるのなら、盗んだ奴に祟ってやれ

006
元走り屋 2016/5/12 01:38

本文中の「いわゆる走り屋」って所
どっちもどっちなのは認めるが、走り屋と暴走族系単車乗りは分けて欲しい…

007
>>6. 2016/5/13 09:57

走り屋も暴走系走り屋もバイクを乗らない人達からすれば同じ穴の狢だよ!!…1980年代にかけて峠のローリング族(流行の切っ掛けの漫画名は??)が流行り出した頃有名所では東京都奥多摩有料道路や神奈川県箱根周辺の有料道路や愛知県本宮山スカイライン有料道路等日本全国の峠道でローリング族溢れて自損事故や自動車巻き込み事故が社会問題になりました!!本宮山スカイライン有料道路では愛知県警の取締りが厳しくなる前は三河ナンバーの連中がトラックでやって来てはロードレーサー(クリップオンハンドル.スリックタイヤ等)張りの改造バイクでタイム計測したのは有名事実でした!!その後愛知県警の取締りや400cc以上通行禁止やセンターラインにキャッツアイ設置やコーナー部分に等間隔の塗装をしたりして対策してました!!後々400cc以上のバイク通行禁止はツーリング倶楽部等の反対運動が有り解除されましたがまぁ今となっては悪しきに付け昭和の古き時代でした!!(笑)

008
走りたい屋 2016/9/27 14:35

だよね~!僕も三河人で、腰を怪我してからしばらく降りてたんだけど天気イイ日とかに目の前「プ~ン」てやられたら我慢できなくなって8年前に2000年式・XJR1300を購入。で、付録としてYBRとGN(ともに125)を仕入れて今年7月に右直事故に巻き込まれ、左足首脱臼・靱帯断裂・骨折!会社や家族に迷惑かけてるのは重々承知なんだけど、早く治してまたオートバイに乗る!!狙うはホンダ・CB1300superfour!!!

009
ガン 2016/9/27 15:29

昔 先輩から 8万で 買ったなぁ~
あの 前のブレーキのカバー インポートディスクがダサくて
後輩に 無料であげたけど 当時は 不人気車だった
音は良かったけど 馬力がライバル達が59馬力なのに
48馬力しかなく ダメダメでした そんな いいバイクかなぁ
疑問だ

010
間もなく還暦ライダー 2016/9/27 15:30

CBX400Fあったね~ おじさんの年代にはピンとこないな。当時はガキの乗る族車と見てた。この前久しぶりにノーマルのCB400Four見たが400でも大人のバイクという感じでこちらの方がおじさんの琴線にふれるな

011
YAMATO 2016/9/27 15:30

発売当時、バイク屋に勤めていたが、CBX400Fは確かに人気があった。しかし修理屋の間の評判はあまり良くなかったけどね。まだアルミフレームが採用されなかったために、フレーム剛性が弱く、ただ倒しただけでフレームが歪み直進安定性がすぐに悪くなると評判でしたね。そのためフレームの修理がよく行われていたなぁ。エンジンはよかったんだけどねぇ。

012
通りすがり 2016/9/27 15:36

メーカーがもう一回、同じものを作ればいい問題じゃないの

013
熟年ライダー 2016/9/27 16:10

学生時代に鈴鹿4耐前後に売り出された記憶がある。
昔のドラムブレーキのような不細工なインボードディスクや
もっさりしたタンクなど、不細工の極みやな。
こんなくそバイク300万や500万も出して買うやつの気がしれんわ。
ま、昔からこのバイクは不細工にいじられて、
ろくにテクもなしにチンタラ走る珍走団に人気があったからな。
同時期でももっとええバイクがあるのにね。
それよりそんな金出すんやったら、H2R買うわ。

014
熟年ライダー 2016/9/27 16:16

学生時代に鈴鹿4耐前後に売り出された記憶がある。
昔のドラムブレーキのような不細工なインボードディスクや
もっさりしたタンクなど、不細工の極みやな。
こんなくそバイク300万や500万も出して買うやつの気がしれんわ。
ま、昔からこのバイクは不細工にいじられて、
ろくにテクもなしにチンタラ走る珍走団に人気があったからな。
同時期でももっとええバイクがあるのにね。
それよりそんな金出すんやったら、H2R買うわ。

015
みいおとう! 2016/9/27 16:28

おいおい!走り屋の表現はおかしいやろ‼このバイクが好きなのは…記事に出てる漫画も…暴走族やん!貴方、何でうそ書くの?貴方にとってはバイク好きは全部同じだからか?記事にするならしっかり勉強してからにしましょう‼

016
katana乗り 2016/9/27 19:11

別に色気もなにも感じないバイクですが・・
そんなバイクに500万とかビックリ

017
トトロトロトロ 2016/9/28 07:00

おいおい、学生時代本当はGSXR乗りたかったが、金無くて渋々CBX乗ってたよ。
当時400でXJと並んで格安中型だったので信号待ちでなんと恥ずかしかったことか。
既にアルミフレーム全盛期だったのに鉄パイプフレームで重くて鈍重な乗り心地。
峠攻めるとフロントブレーキはインボードディスクなので次第に煙が出てくる。唯一排気音だけは歯切れ良い渇いた音で好きだった。3年乗ってバイク屋に買い取ってもらおうと持って行くと処分料5000円取られたよw そんなバイクが伝説化してるとか信じられないし、真に受けて購入したら後悔すると思うよ。バイク業界が生残りを掛けて必死にレジェンド作りしているとしか思えないなぁ…

018
VF-400F 2016/9/28 10:04

VF-400Fに乗ってた。
VF-400Fは、人気は無いのか。

019
ワンパック 2016/9/28 15:48

なんでまた5月の記事がランキングのトップに…。
・CBX550ならインボードディスクでもダブルになるから両側からキャリパーとエアインテークが見えてまだましになる
・せめてノーマルの写真を使ってあげてください

020
オヤジ 2016/9/30 18:01

中年暴走族に人気だから高くなったのでは?
今だにごちゃごちゃ付けて走ってるの見かけるし。

021
熟年ライダー 2016/10/ 9 07:33

おい、警察!
中年暴走族を世の中から排除しろ!
夜な夜な市街地を爆音を響かせながら制限速度以下でチンタラ走られたら、煩くてかなわん。
中年暴走族もCBX400Fに300万や500万もかけるくらいなら、
もっとまともなバイクを買い、サーキットで純粋に走ることに面白さを見いだしたらどうや?

022
Pさん 2017/1/30 23:09

う~んCBX400ね~、俺ら世代は珍走団御用達バイクだったよな~。CB400Fourの方がはるかに名車でしょうに…。まあ自分は、FXの方が好きですけどね。

023
記事書いた人わかってない 2017/10/30 19:51

1990年代の人気漫画『疾風伝説 特攻の拓』や『湘南純愛組!』に登場したことも手伝って、いわゆる「走り屋」のあいだで人気が沸騰。その一方で、生産中止で現存するバイクの数が減って、プレミアムがついたというわけだ

↑は?何言ってるんだか・・・
上記の漫画は人気の発端ではないよ 関西では、ずっと人気のバイク
旧車ブームがCB400Fから始まり、CBX400Fも市場価格上がったけど、音、乗りやすさ、形、すべてにおいて人気あった。初めてホンダが生産中止から2型出したバイク
それほど人気あった。
15歳のころ借金してまで買ったけど今でも好きなバイク・・・でも、のちに買ったCBR400FのREVに惚れたけど草
今は盗難怖くて買えないけど

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中