2021年 12月 5日 (日)

「母の亡骸写真公開」の橋本志穂、批判に反論 「(他人が)とやかく言うことじゃない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   亡くなった母親とのツーショット写真をFacebookに投稿したことで「炎上騒ぎ」になっているタレントの橋本志穂さん(48)がブログを更新し、5000字以上におよぶ長文で自身の思いを語っている。

   その中で、故人の写真を撮影するかどうかは、「(人が)とやかく言うことじゃない」と指摘。SNSの投稿についても「見る見ない」「書く書かない」は個人の自由だと主張した。

  • 画像は橋本志穂さん公式ブログのスクリーンショット
    画像は橋本志穂さん公式ブログのスクリーンショット
  • 画像は橋本志穂さん公式ブログのスクリーンショット

「写真を公開することの是非は賛否両論でしょう」

   橋本さんは2016年4月28日夜、自身のFacebookで母が亡くなったことを報告。息をひきとったばかりの母と写ったツーショットを添えた。

   「亡骸写真」はネット上で物議を醸し、5月に入ってからは週刊誌やワイドショーでも取り上げられた。J-CASTニュースが18日に配信した記事(橋本志穂、FBに「母の亡骸」写真が大批判 その行動は「言語道断」なのか?)もYahoo!ニュースのアクセスランキングで上位に入るなど、大きな反響を呼んだ。

   当の橋本さんは19日にブログを更新。取材が殺到していること、アクセス数でお金を得ているという「誤解」、写真に対する並々ならぬ思い入れ、家族に対する愛情など、さまざまな話題を5000字以上にもおよぶ長文でつづった。

   その中で、亡くなった母の写真については「写真を公開することの是非は賛否両論でしょう。私も普段なら後悔しないです」(原文ママ)と、批判の声があることにも理解を示した。

   ただ、何でもかんでも撮影・公開したわけではなかったようだ。橋本さんは、これまで母が病で苦しむ姿を何度も見てきたといい、今回もそうした時は「公開どころか、撮ることもできなかった」という。

   その上で「最期の顔は仏相でした」と振り返り、「母の写真を撮るのはもう最期です。二度と、母の姿を撮る事はできないのです」と、息をひきとってから葬儀までが、愛する母を写真に収める最後の機会であったことを強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中