京浜東北線で人身事故 9万5000人に影響

印刷

   2016年5月26日6時50分ごろ、JR京浜東北線の蒲田-大森駅間の踏切で、男性が蒲田発大宮行きの普通列車にはねられ、死亡した。男性は遮断機をくぐって踏切に入ったとの目撃情報があり、警視庁大森署が身元などを調べている。

   この事故により、京浜東北線は約1時間にわたり運転を見合わせ、計10本が運休した。東海道線などにも遅れが発生し、約9万5000人に影響が出た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中