2018年 11月 17日 (土)

ランナーの「燃費」は年をとっても衰えない マラソン完走者に高齢者が多い不思議

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ランニングブームの昨今、マラソン大会に行くと60~70代の高齢者に完走する人が多いことに驚かされるが、「年の功」というべきか、65歳以上のランナーは若いランナーとほぼ同じエネルギー効率で走っていることがわかった。

   米フンボルト大学運動学部のジャスティス・オルテガ准教授らの研究グループがスポーツ科学誌「メディシン&サイエンス・イン・スポーツ&エクササイズ」の2016年4月号に発表した。

  • 高齢者と若者は同じ「ランニング・エコノミー」
    高齢者と若者は同じ「ランニング・エコノミー」

車の燃費性能と同じ「ランニング・エコノミー」

   長距離ランナーは鍛え方や能力によって走るスピードが異なる。当然、年をとるにつれ速さは衰えてくるが、研究チームは、スピードが遅くなってもランニングを続けていれば、エネルギー代謝は変わらないことを突きとめた。

   このエネルギー代謝は「ランニング・エコノミー」(走りの経済性)と呼ばれる。自動車の燃費性能と同じで、少ないエネルギーで効率よく走る能力を意味する。指標は、一定の速度で走った時の酸素摂取量で表わし、酸素摂取量が高ければランニング・エコノミーが低い、逆に酸素摂取量が少なければランニング・エコノミーが高いと評価される。ランニング・エコノミーが高い人は、少ないエネルギー(酸素)で楽に走ることができるのだ。

   研究チームは、65歳以上の高齢ランナー15人と、39歳以下の若いランナー15人に、トレッドミル(ランニングマシン)を様々なペースで走ってもらった。対象者は全員、過去6か月以上にわたり週3回以上、1回30分以上のランニングを続けていた。酸素マスクをつけ、酸素摂取量や心拍数、速度、走行距離などを測定した。

   その結果、高齢ランナーは若いランナーに比べ、総合的な運動能力では歴然とした差があったが、それぞれの速度で比較すると、若いランナーとほぼ同じ割合で酸素を摂取し、ランニング・エコノミーの数値は同程度だった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中