2019年 11月 21日 (木)

ランナーの「燃費」は年をとっても衰えない マラソン完走者に高齢者が多い不思議

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「運動を始めるのに手遅れということはない」

   若い人に比べ、筋肉や持久力が劣る高齢者が、なぜ同程度のランニング・エコノミーを維持して走ることができるのだろうか。オルテガ准教授はこう説明している。

「人間の体は自動車と同じで、人によって燃焼効率が違います。実験に参加した高齢者はベテランランナーが多く、経験を経て効率よく酸素を摂取するテクニックを身に着け、調整しているようでした。今回の実験で得られた知見は2つです。高齢になってもジョギングを続ける人はランニング・エコノミーが衰えずに生理学的にエコであること。そして、運動を始めるのに手遅れということはなく、何歳になっても活動的でいられるということです」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中