2019年 5月 24日 (金)

斎藤佑樹は「おねだり王子」 ハンカチが泣いているぞ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   甲子園のヒーローだった日本ハムの斎藤佑樹にスキャンダルが飛び出した。出版社社長から金品の世話になっていたというもので、久々に話題の主になったようである。

「日本ハム斎藤祐が球界追放の危機」

   こんな見出しのついたメールが届いたのは2016年7月13日。ガセネタか、と思い、すぐ削除したのだが、騒ぎは現実のものだった。

   14日の朝刊に週刊文春の社告がでっかく出たのである。

「斎藤佑樹 汚れたハンカチ」
  • かつて「甲子園のヒーロー」だった斎藤佑樹(写真はイメージ)
    かつて「甲子園のヒーロー」だった斎藤佑樹(写真はイメージ)

週刊文春が「ポルシェ800万円」などと報じる

   ファンの期待を裏切る「王子の私生活」と書かれ、さらに内容がこう列記されていた。

「ポルシェ800万円」「高級マンション」おねだり
「出版社社長の『利益供与』に父は『舛添さん』になってしまう」

   週刊誌発売日に同じメールが何度も送られてきた。話は本当だったわけだ。

   週刊文春といえば、舛添要一・前都知事(金銭疑惑)や清原和博・元プロ野球選手(覚醒剤)らのスキャンダルをいち早く取り上げるなど、スクープ連発の週刊誌として注目されているだけに、インパクトは強い。

   出版社は、野球専門誌で知られるベースボール・マガジン社である。社長が早実、早大で斎藤の大先輩にあたる。先輩が後輩の面倒をみていたという構図なのだが、ことはそんな単純なものではないらしい。

   報道機関が取材対象者に利益供与をしているという構図で、倫理面はもちろんのこと、斎藤がペナルティを受ける可能性がある。

   斎藤はドラフト1位で日本ハムに入団したものの、成績は高校、大学時代の活躍とはほど遠い低さである。甲子園のライバルとされた田中将大は今や大リーグきっての名門ヤンキースのエース格。今回の出来事を思うと、歩む道の違いに驚くばかりである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中