2022年 10月 3日 (月)

任天堂株はバブル? 意外と小さい「ポケモンGO」の貢献度

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「ポケモンGO」が2016年7月22日、ついに日本でリリースされた。

   米国やオーストラリアなどを皮切りに、すでに30か国で配信されていて、日本でも多くの人が今や遅しと待っていた。配信を受けて、22日は朝から日本中が沸き、我を忘れて「ポケモン探し」に夢中になっている。

  • 「ポケモンGO」銘柄、止まらない株価上昇!(画像は、ポケモンGOのプレイ画面)
    「ポケモンGO」銘柄、止まらない株価上昇!(画像は、ポケモンGOのプレイ画面)
  • 「ポケモンGO」銘柄、止まらない株価上昇!(画像は、ポケモンGOのプレイ画面)

スマホ向けゲームとして初めてのヒット

   2016年7月6日に米国で「ポケモンGO」がリリースされて以降、任天堂株の「大商い」が続いている。22日も任天堂株は続伸。始値こそ、材料出尽くしとの見方から利益確定売りに押されて前日比700円安の2万7300円と安かったが、世界中で大人気のスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の配信開始が伝わると、株価は一転。日本でも大ヒットするとの期待感から「買い」が殺到し、前日の終値と比べて1920円高の2万9920円まで上昇した。

   その後は14時すぎに195円安の2万7805円まで下落する場面があったものの、個人投資家らの期待は根強く再び上げに転じ、220円高の2万8220円で取引を終えた。売り買いが交錯したことで、この日も売買代金ランキングはトップを独走。7260億円を超えた。

   ゲーム大手の任天堂は、1983年に発売した「ファミリーコンピュータ」が一世を風靡。その後も次々と家庭用ゲーム機を世に送り出し、世界的なブランドに成長した。ところが、スマートフォン向けゲームの登場で業績は低迷。2011年度から3年連続で営業赤字に陥っていた。15年3月、IT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)との資本・業務提携を機に方針を転換、スマホ向けゲームへの「参入」を打ち出した。

   16年3月に、その第1弾「Miitomo(ミートモ)」を配信。秋には「どうぶつの森」と「ファイアーエムブレム」の2タイトルも投入する予定。そうした中で発売された「ポケモンGO」は、任天堂にとってスマホ向けゲームとして、初めてのヒットとなったわけだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中